データ“改ざん”70件公表 中央省庁にも...不安広がる

10/20 07:33
免震装置の性能検査データ改ざん問題で、KYBは不適切な装置が使われたり、使われた疑いがある70件の建物名を公表した。

このうち、装置が国や顧客の基準に合わないと判明したのは、28件にのぼる。

KYBが公表した、不適切な免震装置が使われたり、使われた疑いがあるのは70件で、このうち、国の基準に不適合なのは愛知県本庁舎や農林水産省庁舎など11件、顧客の基準に合わないのは名古屋市本庁舎など17件。

不正の疑いがある装置は987の建物で使用されているが、このほかに新たに、基準内に収まっているもののデータが改ざんされた装置が使われた物件が、東京スカイツリーなど108件あったことが明らかになっている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング