新幹線 運転見合わせで大混雑 東京 - 博多間 全線で...

10/20 00:39
東海道・山陽新幹線は、19日夕方に兵庫県のJR姫路駅で起きた人身事故の影響で、東京から博多駅間の全線でおよそ3時間運転を見合わせ、多くの利用者に影響が出た。

19日午後5時半前、JR姫路駅で、線路に立ち入った男性が東京行きの「のぞみ」にはねられ、男性は死亡した。

この影響で、東海道・山陽新幹線は、東京から博多駅の全線で運転を見合わせた。

金曜日の夕方に起きた事故で、各地の駅では、運転再開を待つ人で混雑した。

京都に帰る男性は、「(何時から待っている?)もう7時ぐらいからです。取りあえず、待つだけ待とうと思います」と話した。

三重の実家に帰る夫婦は、「1〜2時間ぐらい待っています」、「(実家の家族も)飲まずに食べずに待っているみたい」などと話した。

新幹線は、およそ3時間後に運転を再開したが、ダイヤの乱れは夜遅くまで続いている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング