免震データ改ざん問題 不正装置 交換完了は2020年

10/19 06:27
地震などによる建物の揺れを抑える免震や、制振装置のデータ改ざん問題で、不正の疑いのある装置の交換作業が、最短でも2020年9月までかかるとみられている。

データが改ざんされ、不正の疑いのある装置は、全国986の高層ビルや病院、公共施設で使われている可能性があり、KYBは、不正が認められた装置は、原則全て交換するとしている。

しかし、交換の必要な装置が1万本を超え、交換が完了するのは、最短でも2020年9月以降になるとみられている。

KYBは19日午後、データが改ざんされた装置が使われている建物名を公表する。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング