LINE モバイル投資サービスの狙い 独自経済圏の強化へ

10/19 01:09
「LINE」で資産運用。
新しいモバイル投資サービスが始まった。

LINE・出澤剛社長
「投資というものをもう少し、生活する人、ユーザーの人の生活圏に入れていくというところが、われわれもアプローチしたいところ」

オンライン証券会社「FOLIO」とタッグを組み、若年層などを狙って、LINEが18日から始めた新サービス「LINEスマート投資」。

株の売買などの証券取引が、スマホ上で可能になる。

LINEアプリのウォレットから、スマート投資を選択すると、個別銘柄でなく、アンチエイジングやVR、コスプレといった、時代のトレンドや個人の趣味などに合わせた、およそ70のテーマが並んでいる。

あとは、その中から投資したいテーマを選ぶだけ。

例えば、「すし」というテーマを選ぶと、すしに関連した企業10社の株式に自動的に分散投資される。

実は、この分散投資がポイント。

初心者でも、価格変動によるリスクを比較的抑えることができる。

さらに、日本での株投資は、1口につき100株からの取引が主流だが、LINEスマート投資では、1株から取引可能。

アプリから、10万円前後で投資ができるとあって、投資初心者でも始めやすい仕組み。

LINE・出澤剛社長
「日々の生活のお金の入り口になってくるというところが、われわれが狙っているところ」

「分散投資されているので、初心者・未経験でも入りやすいのでは」

「今後の計画としては、『LINE』なので、もう少し金額のハードルを下げていって、気軽に投資を体験できるということも検討していく」

生活に身近なサービスを「LINE Pay」とひもづけることでユーザーを増やし、囲い込みたいLINE。

一方、「FOLIO」は。

FOLIO・甲斐真一郎社長
「今までの証券会社は、多くの『マス』という人たちに接点がなかったと、僕は思っていて、そこの『接点作り』が今回、初めてできてきているのかなと」

「個人投資が、貯蓄が投資に変わるような施策をいろいろ打っていって、個人投資家の数を、世界水準ぐらいまでにはもっていきたいなとは思っていて」

月間7,600万人以上のユーザーを武器に、LINEを中心とした経済圏が構築できるのか、両社のタッグに注目。

新しく始まった投資サービスだが、そもそも働く人たちは、投資をしているのか、していないのか、街で聞いた。

商社勤務(30代)
「興味はありますけど、やっぱりリスク考えると、できないなっていうのが大きいですよね。勉強しないといけないじゃないですか。付け焼き刃じゃねっていうのがあります」

SE(30代)
「やるなら、勉強しないといけないなって。そのためには、時間が必要だっていうことですね。おもしろそうだなとは思います。でも、それ止まりですね」

IT関係(30代)
「今、やってないな。結婚する前にやってました。損失が出る可能性もあるので、家庭持ってからは、やめておこうかなと」

事務・自営業(30代)
「(投資のイメージは?)難しそう。よくわからない、勉強しないと駄目そうとか、失敗しそうとか、損しそうとか思います。『こうだよ』っていうのが、わかりやすかったら、やるかもしれないです」

金融関係(20代)
「来月あたりから、やってみようかなとは。リスクを負うっていう部分で、ちょっと心配なところがあります。ただ、実際に友人たちも、すでに投資をして、株の投資を行ってるので、友人たちのお話を聞いて、投資をやろうっていう決意を固めました」

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング