1,000円札の記号・番号「新色」に 2019年3月から発行

10/18 17:39
財務省は、野口英世の肖像をあしらった現行の1,000円札に記載されている、記号や番号の色を変更すると発表した。

現在、発行されている1,000円札は、左上と右下に記載されている記号と番号の色が、褐色で印字されている。
そして、変更後の1,000円札は、記号と番号の色が紺色となっている。

財務省によると、今回の変更は、現行の1,000円札では、記号と番号の組み合わせ129億6,000万通りを全て使い切ることになるための措置だという。

2019年3月18日から新しい紺色の1,000円札を発効する予定で、現在流通している1,000円札は、そのまま使用できる。

現行の1,000円札の色の変更は、8年ぶり2回目。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング