総領事公邸でも合同捜査 サウジ記者「生きたまま切断」

10/18 12:18
サウジアラビア人の記者が、トルコのサウジ総領事館で殺害されたと指摘されている疑惑で、総領事館に続いて、総領事の公邸でも合同捜査が行われた。

トルコとサウジの合同捜査が行われた総領事公邸には、ジャマル・カショギ記者が行方不明になった直後、殺害に関わったと指摘されているサウジ当局者らが車で出入りしていた。

17日の捜査では、遺体が運び込まれた形跡などがないか、鑑識作業が行われたとみられる。

一方、アメリカのトランプ大統領は17日、殺害時の音声などについて、存在するならトルコ側に提供するよう求めたことを明らかにした。

また、サウジとトルコに派遣したポンペオ国務長官から報告を受けることにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング