出光と昭和シェルが新経営体制 来春統合に向け発表

10/17 00:18
経営統合に向けた最初の発表から3年。
ようやく、新会社の経営体制を発表。

出光興産・木藤俊一社長は「2019年4月にロケットスタートが切れると、わたしは確信している」と話した。

出光興産と昭和シェル石油は、2019年4月に出光が昭和シェルを子会社化して統合したあとの新会社の社長に、出光の木藤俊一社長が就任する人事を発表した。

また、経営統合に当初反対していた、大株主でもある出光の創業家側から、2人が取締役に就任することも明らかにした。

経営統合に向けた最初の発表から、実現まで3年を要したことについて、木藤氏は、「お互いの社員の融合が図れ、決して無駄な時間ではなかった」として、3年後には600億円の統合効果を実現するとした経営目標を発表した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング