仙谷由人氏、肺がんのため死去 72歳 民主政権で官房長官

10/16 18:15
民主党政権で官房長官を務めた仙谷由人元衆議院議員が、10月11日、肺がんのため亡くなった。
72歳だった。

仙谷氏は徳島県出身で、1990年の衆議院選挙で初当選し、2009年に当時の民主党政権が誕生した際には、行政刷新担当相を務め、いわゆる「事業仕分け」などに取り組んだ。

その後の菅内閣では、内閣官房長官として、沖縄県の尖閣諸島沖で起きた漁船衝突事件に対応したほか、「影の総理」などと呼ばれ、政界に強い影響力を及ぼした。

共に政権運営にあたった菅元首相は、「黒子というほど隠れてはいないが、どちらかと言えば、後ろに回って支える、そういう実力者だった」と述べた。

仙谷氏はその後、2014年の衆院選には出馬せず、政界を引退し、10月11日、都内で肺がんのため、亡くなった。
72歳だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング