1.5億円“シュレッダー絵画”一般公開

10/15 08:45
建物の前に長い行列を作る人々。
お目当ては、10月5日、イギリスのオークションで、およそ1億5,400万円で落札された直後、シュレッダーで切り刻まれて会場が騒然となったバンクシーの絵画。

細断されたあとに、「ゴミ箱の中の愛」と名づけられたこの作品。

オークション会社のギャラリーで、この週末限定として無料で一般公開された。

来場者は、何枚も写真を撮ったり、シュレッダーで細断された部分を観察するように、注意深く見たりしていた。

来場者は、「わたしは絵画が細断されたオークションの場にいて、きょうとあす、一般公開されると聞いて、この機会を逃すわけにはいかないと思った。すごく印象的だ」、「ショッキングだった。なんでシュレッダーにかけたのかわからないけど、パパは『もっと有名になりたかったからじゃない?』って。それでも意味がわからない」などと話した。

絵画を落札した女性は「当初はショックだったが、次第に芸術史上に残る作品になると気づいた」として、予定通り、およそ1億5,400万円で購入すると表明。

オークション会社も、「芸術史に残る作品で、多くの人に見てもらいたい」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング