サウジ政府が“警告”発表 「うその告発は受け入れない」

10/15 06:18
サウジアラビア政府は、政府に批判的な記者を殺害したとの疑惑が指摘されている問題で、「何らかの行動があれば、それより大きな行動で対抗するだろう」などとする声明を発表した。

この問題は、サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が、10月2日、トルコにあるサウジアラビア総領事館を訪問したあと行方不明になり、館内で殺害された疑いが指摘されているもの。

声明は14日、国営通信を通じ発表され、「うその告発は受け入れない」などと強調し、「何らかの行動があれば、それより大きな行動で対抗するだろう」と警告している。

アメリカのトランプ大統領は、記者殺害が事実なら「サウジアラビアに厳罰が下るだろう」と述べ、制裁を示唆していて、声明はこの発言への反発とみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング