内田裕也 妻・希林さん死後初の肉声「家族に不幸がありましてちょっと元気ない」

10/10 19:05
多くの報道陣が待ち受ける中、車いすに乗り、“裕也節”全開で映画のPRイベントに現れたのは、9月、妻で女優の樹木希林さん(75)を亡くしたばかりのロックミュージシャン、内田裕也さん(78)。

内田さんは「まぁ、オレが真剣に、こうやってオススメする映画です。バスケットボール。ロッケンロール。まぁ、オレがしゃべってもアレだから、早く、早く見てもらえよ! みんなに」と話した。

妻の葬儀では喪主を務めたものの、憔悴(しょうすい)しきった様子で発言することはなかったが、9日夜、希林さんの死後初めてのイベントで、今の心境を明かした。

内田さんは「きょうはオレちょっと、家族に不幸もありまして、ちょっと元気がないように思いますけど、こういうときにこそ、この映画のプロモーションで、『必ず出ます』と約束したもので。ここでは、ちゃんと出演するのが“ロックンロール魂”と思って...」と話した。

かつて伝説のバスケットボール選手だった老人が、若者と一緒にストリートバスケの大会に挑むというコメディー映画。

娘の也哉子さんと本木雅弘さんの間に生まれたUTAさん(21)は、モデルとして活躍する一方で、留学中のアメリカの大学で、バスケットボール選手としても活躍。
内田さんは、孫・UTAさんへの愛も口にした。

内田さんは「実は、僕にも孫が3人おりまして。一番上の孫はサンフランシスコで、ずっとバスケットボールチームで頑張ってやってます。ルックスも(父の)本木雅弘で、と、内田裕也の血を引いたもんで、やたら背が高くてスタイルもよくて、英語もできて、そしてルックスもよくて。必ずや、今までにないスターになってくれると確信しております」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング