東証でシステム障害 株価も値下がり

10/09 19:53
システム障害で、証券会社40社の取引に影響が出た。

日本取引所グループ・横山隆介CIOは、「投資家の皆様に多大なる影響を及ぼし、おわび申し上げます」と話した。

東京証券取引所によると、9日午前7時半すぎ、証券会社から注文を受け付けるシステムに対し、特定の証券会社から通信状態を確認する電文が短時間に大量送信されたため、4つのシステムのうち、1つで障害が発生した。

証券会社40社の取引に影響が出たということで、SMBC日興証券などは、顧客の買い注文などを受け付けても、取引が成立しない状況が続き、日経平均株価の終値は、314円値下がりした。

東証は、10日以降、システムを復旧し、通常通りの取引が可能になると説明している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング