9日東京株式市場前場 218円安、先行き懸念で売り先行

10/09 11:54
連休明けの9日の東京株式市場は、中国経済の先行き懸念などで、寄り付きから売りが先行し、日経平均株価の下げ幅は、一時300円を超えた。

9日午前の終値は、先週末5日に比べ、218円81銭安い、2万3,564円91銭、TOPIX(東証株価指数)は、1,770.19だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング