サッカーU-16 3度目優勝 6大会ぶり

10/08 12:45
サッカーの16歳以下のアジア選手権で、日本が優勝。
6大会ぶり、3度目のアジアの頂点に立った。

決勝戦、日本はグループステージで、スコアレスドローに終わったタジキスタンと、再び対戦した。

前半、相手の攻撃の前に決定的な場面を作られたが、キーパーの野澤選手がファインセーブを見せた。

相手のカウンターには、ペナルティーエリアを出て、ヘディングでクリア。

前半を0 - 0で折り返した。

そして、後半18分。
左からのクロスに、西川選手。

若き日本代表の背番号10を背負う、西川選手の今大会初ゴールが決勝点となり、日本が1 - 0で、6大会ぶり3度目の優勝を果たした。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング