大迫選手が日本新! 1億円獲得 3位でゴール

10/08 12:35
マラソンの大迫傑選手(27)が、シカゴマラソンで日本新記録を樹立し、報奨金1億円を手にした。

マラソン日本新記録を樹立した大迫選手は、日本実業団陸上競技連合・西川晃一郎会長の「日本記録達成のごほうび、1億円(の目録)です」との言葉に、「非常にうれしいです」と話した。

大迫選手は、3度目のマラソンで、世界最高峰の大会の1つ、シカゴマラソンに挑んだ。

レースの後半、オリンピックの長距離で2大会連続2冠のモハメド・ファラー選手らの先頭集団に食らいついた。

結局、3位でゴールし、記録は2時間5分50秒。
日本記録を21秒更新し、2年を切った東京オリンピックでも、メダルの期待がかかる。

大迫選手は、「(日本新記録の2時間5分台?)最後の1マイルで、行けるぞって思って頑張れたので、タイム切れて良かった。日本人でも、しっかりと最後まで優勝争いにからめると証明できた。皆さん、これからも期待してもらいたいなと思います」と話した。

(写真: AFP=時事)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング