インドネシア地震1,600人超死亡 空自が現地パルに到着

10/07 06:49
インドネシアの地震から1週間以上が過ぎ、これまでの死者は1,600人を超えた。

9月28日にスラウェシ島で発生した地震と津波では、これまでに1,649人が死亡し、そのうち8割以上が津波によって亡くなった。

地元メディアによると、日本の専門家の調査結果から、大きな被害が出たパルでは、当時、高さ10メートル前後の津波が発生したとみられる。

6日は、航空自衛隊がパルに到着し、テントや浄水器、発電機などの救援物資を届けた。

自衛隊による被災地への救援物資の輸送は、今後も続けられる予定。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング