「納得いかない」警察に怒りの会見...妻と娘殺害 県を提訴

09/14 18:12
警察が情報を周知していれば、妻と娘は殺害されなかった。
埼玉県を提訴した男性が、怒りの会見。

14日、埼玉県を提訴した45歳の男性。
3年前の連続殺人事件で、妻と2人の娘の命を奪われた。

遺族男性(45)は、「埼玉県警が、こういったことをやってくれれば助かったんじゃないかという気持ちが、毎日いつも、気持ちから離れない状態でいまして」と話した。

2015年9月、埼玉・熊谷市で起きた男女6人殺人事件。
ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告が、強盗殺人の罪に問われている。

ナカダ被告は、最初の事件が起きる前日の9月13日、任意で事情を聴かれていた熊谷警察署から逃走。

2015年9月当時、警察は、会見で「(ナカダ被告を)玄関脇の指定場所で喫煙させていたところ、警察署前の国道を強引に横断し、いずれかに走り去り、所在不明になっていた」と話していた。

埼玉県警はその後、住居不法侵入の疑いで逮捕状を取ったが、住民への注意喚起は行わなかった。

逃走翌日の14日、50代夫婦が殺害される、1件目の事件が発生。
そして16日、2件目の殺人事件が発生。

さらに同じ日、今回提訴した男性の妻の加藤 美和子さん(当時41)、長女の美咲さん(当時10)、次女の春花さん(当時7)が、相次いで殺害された。

男性側は訴状で、警察が1件目の事件発生後、ナカダ被告を参考人手配していることなどから、さらに事件が起きる危険を認識していたと主張。

この時点で、周辺住民に情報が周知されていれば、その後の事件は防げた可能性が高かったとし、県を相手取り、およそ6,400万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

遺族男性は、「わたしが、どうして注意喚起をしてくれなかったのか、捜査1課長に聞きました。その時の答えが、『捜査に夢中で忘れていた』っていう答えでした。到底、納得のいく答えではなかったです」と話した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング