皇太子さま、仏公式訪問 国際親善のあり方に思い

09/14 06:34
フランスを公式訪問中の皇太子さまは、2019年5月の即位後の国際親善のあり方について思いを述べられた。

皇太子さまは13日、パリ市内の美術館を訪れ、江戸時代の著名な画家・伊藤若冲の作品展をご覧になった。

この作品展は、日仏両国の友好160周年を記念したもので、その後、取材に応じた皇太子さまは、将来を担う若い世代の交流が、国際親善の増進につながるとの考えを示された。

皇太子さまは、「相手国のことを知ることによって、お互いの国の理解も深まり、それが結果的に、国際親善というものの発展につながっていくのではないかと思います」と述べられた。

そのうえで、「自分自身も年齢を重ねながら、次の世代の活躍に少しずつ考えを及ぼすようになってきた」と述べられた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング