関空 30%フライト再開 21日に全面再開目指す

09/14 06:29
関西空港の運営会社は、台風21号で被害を受けた第1ターミナルと連絡橋について、9月21日の全面的な運用再開を目指すと発表した。

台風21号による高潮で浸水した関西空港は、9月7日から被害の少なかったエリアで運航を一部再開したが、多くの航空会社が利用する第1ターミナルとA滑走路は、閉鎖が続いていた。

関西エアポートは、14日から第1ターミナルの南側の使用を再開し、全日空や日本航空の国内線・国際線が運航する。

本来のフライト数の30%ほどを運航する見込みで、第1ターミナルの残りの部分については、9月21日に再開を目指す方針。

タンカーが衝突した連絡橋についても、大きな損傷がなければ、21日にJRと南海電車の運転再開を目指して、復旧工事が行われるという。

(関西テレビ) (関西テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング