北海道 水力発電再稼働 しかし 依然電力不足

09/14 06:27
地震で主力の火力発電所がダメージを受け、電力需給がひっ迫している北海道で13日、水力発電所1機が再稼働した。
しかし、依然として電力不足の状況が続いている。

北海道電力は13日、揚水式の水力発電所・京極発電所1号機を再稼働した。

1号機は、これまで故障で停止中だったが、電力不足を補うため復旧を急ぎ、再稼働にこぎつけた。

北電は、1号機に続き、2号機も14日に稼働させる予定で、合わせて40万kWが供給可能となる。

しかし、これを合わせても地震前のピーク時の電力需要383万kWには届かず、依然、電力不足の状況が続いていることから、国や北電では、節電を呼びかけている。

(北海道文化放送) (北海道文化放送)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング