安倍首相が帰国 自民党総裁選に向け論戦本格化

09/13 22:03
安倍首相は、ロシアでの一連の外交日程を終え、13日に帰国した。
20日に投開票される自民党総裁選に向け、石破 茂元幹事長との論戦が本格化することになる。

ロシアでの外交日程を終え、午後に帰国した安倍首相は、首相官邸で記者団に対し、自民党総裁選に向けた決意を語った。

安倍首相は、「(総裁選も残り1週間ですが意気込みは?)これから全力を尽くして、全力で訴えていきたい」と述べた。

一方、石破元幹事長は、福岡市で街頭演説を行い、自らへの支援を訴えた。

石破元幹事長は、「国民の側にたって、最大限成果を得ていく。全身全霊戦っていく。どうぞ石破 茂にご支援ください」と述べた。

両候補は14日、日本記者クラブ主催の公開討論会に出席するほか、週末も地方で開かれる党の演説会にそろって参加する予定で、20日の投票日に向けた選挙戦を本格化させることになる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング