“なおみコーデ”原宿でも絶賛 抹茶アイスも...

09/13 18:00
キュートな“なおみ節”とスマイルは、ここ日本でも絶好調。

大坂 なおみ選手(20)は「(日本語でメッセージを伝えるならどんな言葉を?)なんかいっつも応援ありがとうの...。今まで言っていないことを言いたい。こんにちは〜。おすしはすごくおいしい」などと話した。

13日の午前4時半ごろ、全米オープン優勝以来初めて凱旋(がいせん)した、20歳の新女王・大坂 なおみ選手。

帰国早々、午前9時半から記者会見を行い、午前11時からは、200人以上の報道陣が集まったスポンサーイベントに出席と、とにかく大忙し。

会見では、そんな忙しい合間に行きたいところを聞かれ、ぶれることなく、「(日本で行きたいところは?)原宿に行きたいし、東京ドームのジェットコースターに乗りたい」と回答。

ファッションの街・原宿を歩く若者たちに、帰国した際の黒い帽子と赤のボーダー柄のミニワンピースという“なおみコーデ”をチェックしてもらうと、皆さん、13日朝のなおみコーデを大絶賛。

原宿ACDC RAG店員・ごまもんさんは、「色カラフルで、いいんじゃないですかね。このストライプがすごくいい感じだと思う。帽子のこういうのもかわいいし」と話した。

そんな大坂選手の力の源はというと...。

大坂選手は、「(パワーの源は?)きっと、それは食べ物ね」と話した。

大坂選手が挙げた大好物は、トンカツ、カツ丼、カツカレーに加え、抹茶アイスクリーム。
大坂選手の行きたい街・原宿には、その抹茶アイスクリームが食べられるお店もある。

しかし、大坂選手は、「(カツと抹茶アイスはもう食べた?)食べなかった。ツアー前でダイエットしなきゃいけないから、終わってからかな」と話した。

17日から、東京・立川で次なる戦いに挑む新女王。
おなかいっぱいのごほうびは、しばらくお預けの様子。

また、13日の会見では、大坂選手の口からなぜか、「(子どもたちにメッセージ?)ごめんなさい」という言葉が。

なぜか、日本のテニスキッズに謝った大坂選手。
そのわけを、「わたしを目標にされても、そこまでは責任が取れないと思います」と語った。

大坂選手は、「(次どんな写真をSNSに掲載したい?)まだわからないけど...たぶん、コンビニに行った時の写真になるんじゃないかな」と話した。

今回の日本滞在では、まだまだファンを増やすとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング