豊洲市場 10月11日オープンへ 課題抱える船出

09/13 12:17
築地市場の移転先となる豊洲市場で、10月11日の開場に先立って、記念式典が行われた。

豊洲市場は、敷地面積がおよそ40万平方メートルで、築地のおよそ1.7倍。

壁がなく、開放型だった築地市場とは対照的に、豊洲市場は外気を遮断した構造となっていて、気候の影響を受けることなく、温度管理が可能となる。

東京都・小池知事は、「世界も見据えた食文化の新たな発信拠点へと、大きく育てていきたい」と述べた。

豊洲市場は、2016年11月に開業予定だったが、土壌汚染問題で2018年7月まで追加対策工事を行ったことなどで、開場が1年11カ月遅れた。

豊洲市場では今後、さらなる安全性のアピールが求められるほか、併設される観光拠点の開業が遅れることから、魅力的な市場づくりも、引き続き課題として残る。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング