レギュラーガソリン値上がり 3年9カ月ぶりの高値

09/12 21:56
レギュラーガソリンが、3年9カ月ぶりの高値をつけた。

資源エネルギー庁が発表した9月10日時点のレギュラーガソリンの店頭現金小売価格は、前の週に比べ、1円高い、全国平均で1リットルあたり153円10銭となった。

2週連続の値上がりで、3年9カ月ぶりの高値。

アメリカのイランに対する経済制裁の影響で、原油の供給がひっ迫するとの懸念が高まっていることなどが、背景にある。

石油情報センターによると、来週は、原油高が一服傾向にあるものの、小幅に値上がりする見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング