前提条件なしで平和条約を プーチン氏「冗談ではない」

09/12 21:09
ロシアのプーチン大統領は、前提条件なしで年末までに平和条約を締結することを安倍首相に呼びかけ、その後、さらに、「冗談ではない」と述べた。

12日午後、プーチン大統領がウラジオストクで開かれたシンポジウムで「ここで思いついたんですが、条件をつけずに、年末までに平和条約を締結しましょう」と述べると、会場から拍手が起こり、カメラは提案を受けた安倍首相の表情をとらえたが、直接、答えることはなかった。

この直前に安倍首相は、平和条約を念頭に「今やらないでいつやるのか」とスピーチしたばかりだった。

その後、プーチン大統領は再び発言を求められた際、「条件をつけずに条約を締結すると言ったのは、冗談ではない。条約の中に争点解決を目指すと入れればいい」と強調した。

しかし、日本政府としては、北方四島の帰属の問題を解決したうえで、平和条約を締結することが基本方針で、菅官房長官は午後の会見で、プーチン氏の発言への論評は避けたうえで、「日本政府の立場に変わりはない」と強調している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング