土曜の郵便配達の廃止検討 人手不足で

09/12 12:22
利用者の減少が続く手紙などの郵便物について、土曜日の配達取りやめも視野に検討。

手紙やはがきなどの郵便物は、現在、郵便法により、週6日以上の配達が原則とされている。

しかし、郵便物の取扱数は、インターネットの普及が進む中、2001年度をピークに減少が続いている。

また、配達員の負担が人手不足で増え、人件費も上昇していて、総務省は、配達を平日に限定する法改正も視野に検討に入ることになったもの。

しかし、利便性の低下による、さらなる郵便離れなどの懸念もあることから、今後、有識者会議などで日本郵便や利用者の意見を聞きながら、慎重に議論を進めていくことにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング