アメリカ同時多発テロから17年 消防士追悼の壁画完成

09/11 13:10
アメリカ同時多発テロから、11日で17年。
事件現場のニューヨークに、犠牲となった消防士を追悼する巨大な壁画が描かれた。

この絵は、現場で活動した消防士の写真をモチーフにして、「平和」をテーマに創作活動を続けてきたブラジル人アーティストが描いた。

星条旗の白い線は、崩落した貿易センタービルをイメージしていて、消防士のヘルメットの「343」の数字は、犠牲となった消防士の数を表している。

ブラジル人アーティストは、「この機会を通じて、英雄である消防士たちに敬意を払いたいと思った。彼らは本当にヒーローなんだ」と話した。

ニューヨーク市民は、「感傷的になるこの時期に、壁画を描いてくれたのは最高の贈り物だ」と話した。

このテロでは、現場で飛び散った有毒物質を吸うなどして、がんを発症したとされる人が、これまでに1万人近くにのぼっていて、事件の影響は今も続いている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング