「ご家族の思いに応える」捜索続く 東日本大震災7年6カ月

09/11 13:06
東日本大震災の発生から、9月11日で7年6カ月。
宮城県内では、いまだ1,200人以上が行方不明となっていて、南三陸町では、捜索活動が続けられている。

宮城・南三陸町戸倉の滝浜漁港周辺では、11日朝、南三陸警察署の署員5人が、海に向かって黙とうをささげたあと、行方不明者の捜索にあたった。

警察は、レーキで漂着物などを取り除きながら、行方不明者の手がかりを探した。

南三陸警察署地域課・千葉 茂課長は、「行方不明者の帰りを待つご家族の変わらぬ思いに応える決意で、捜索に臨む」と語った。

(仙台放送) (仙台放送)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング