「申し訳ない気持ちになった」 大坂 なおみ選手、ブーイングに心境語る

09/11 12:55
テニスの全米オープンの表彰式で起きたブーイングについて、大坂 なおみ選手が「悲しかった」とアメリカのテレビ番組で心境を語った。

大坂 なおみ選手は、「少し悲しかったです。観客が、わたしにブーイングしたのか、彼らの望んだ結果ではなかったからなのか、確かなことはわかりません。ただわたしも、ずっとウィリアムズ選手のファンだから、彼らの気持ちはわかります。観客がどれほど、彼女の優勝を望んでいたか知っています」と話した。

ブーイングについて、確かなことはわからないとしたうえで、複雑な心境を明かした。

(写真: 時事通信)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング