安倍・石破両氏記者会見 自民党総裁選

09/10 20:23
安倍首相と石破元幹事長の一騎打ちとなった自民党の総裁選挙は、10日、両候補による記者会見が行われた。

自民・石破元幹事長は、「信頼回復をしていかないと、政府がやる大改革に、国民が共感しない。政府は信じられるもの。そう思ってもらうために、100日プランを実行します」と述べた。

安倍首相は、「かつては、(省庁の)縦割りの弊害がありました。そうした弊害を取り除いていく意味で、類似の改革で、政治主導が確立してきた。政治が、リーダーシップを発揮すべきこと自体には、間違いはない」と述べた。

会見で、安倍首相は、政権運営の在り方について、政治主導の必要性を強調したのに対し、石破氏は、政治や行政の信頼回復を優先すべきだとの認識を示した。

また、憲法改正について、安倍首相が、「秋の臨時国会を目指して、議論を進めてもらいたい」と、9条への自衛隊明記などの改正に意欲を示したのに対し、石破氏は、自衛隊の明記は、「理解がないまま、国民投票にかけてはならない」として、否定的な考えを示した。

自民・小泉筆頭副幹事長は、「やっぱり生は違いますね。直接聞くと、感じるものがあるし」と述べた。

一方、どちらの候補を支持するかが注目されている、小泉 進次郎筆頭副幹事長は、両候補の演説会を聞いたあとに、神奈川県内で視察を行ったが、総裁選の対応については明言しなかった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング