列島各地で“不安定な天気” 大阪では冠水も

09/10 17:06
10日午前6時半ごろ、強い風とともに激しい雨が降った鳥取県。
県内の東郷湖近くの公園は、この雨の影響を受け冠水。
遊具などが水に漬かり、どこまでが湖なのかわからない状況になっている。

秋雨前線の影響で、不安定な天気が続く日本列島。
10日も各地で局地的な大雨が降り、さまざまな被害が出ている。

石川・輪島市内では、9日から降り続く雨の影響によって、道路が崩落。
電柱が倒れるなどして通行止めに。

また、市内を流れる鳳至(ふげし)川が増水し、道路に水があふれ出したほか、七尾市内でも熊木川が増水。
田んぼが水浸しになるなどの被害が出ている。

田んぼの所有者は、「もう嫌になってしまった。ここまでやられると思わなかった」と話した。

一方、台風21号で被害が出た大阪でも、堺市内を通る道路、通称“泉北1号線”が、午前1時ごろから降り出した雨などの影響で冠水。
川のようになった。

11日明け方にかけて、東日本を中心に、局地的に雷をともなった非常に激しい雨の降るおそれがあり、土砂災害や川の氾濫に厳重な警戒が必要となる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング