「受動喫煙対策法案」を可決 参院厚労委

07/12 22:00
受動喫煙対策の強化を盛り込んだ健康増進法改正案が12日、参議院の委員会で可決された。
来週可決、成立する見通し。

改正案は、受動喫煙による健康被害を防ぐため、学校や病院、行政機関などの屋内を禁煙にするもので、飲食店も小規模な一部店舗が「喫煙可能」と表示した場合を除き、原則禁煙になる。

12日の参議院・厚生労働委員会では、質疑に続いて採決が行われ、自民・公明などの賛成多数で可決された。

来週予定される参議院本会議で可決、成立する見通し。

改正案が成立すれば、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる直前の、2020年4月1日に施行されることになる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング