豪雨被害 死者58人、不明72人に 安倍首相「救命救助に全力を」

07/08 12:27
大雨による被害が各地で拡大している。

これまでに、大雨特別警報が8日朝に発表された愛媛県で、18人が死亡、13人が安否不明となっているほか、広島県で27人が死亡、43人が安否不明となるなど、全国で58人が死亡、72人が安否不明となっている。

また、京都・綾部市の住宅2棟が倒壊した土砂崩れ現場では、男女2人の死亡が新たに確認されている。

被害の全容は、まだ明らかになっておらず、今後、さらに増えるおそれがある。

岡山・倉敷市真備町などでは、病院などに多くの人が取り残されていて、救助活動が続いている。

政府は8日午前、非常災害対策本部を設置し、安倍首相は、「救助部隊の態勢を機動的に強化するなど、引き続き、全力で救命救助、避難誘導にあたってもらいたい」として、被災者の救命救助に全力を尽くすよう指示した。

引き続き、高知・愛媛・岐阜に、大雨特別警報が出されているほか、警報が解除された地域でも、土砂災害の危険が高まっているため、厳重な警戒を続ける必要がある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング