遠藤誠一元死刑囚の遺体 東京拘置所からアレフへ

07/08 07:04
6日に死刑が執行されたオウム真理教の麻原彰晃こと松本 智津夫元死刑囚が生前、「遺灰を四女に」と死刑執行のあとの遺体の引き渡しについての意思を示していたことがわかった。

松本元死刑囚は、遺書は残していなかったが、東京拘置所に収監中に口頭で「遺灰を四女に」と死刑執行されたあとの遺体の引き渡しについて、意思を示していたことがわかった。

松本元死刑囚の四女と弁護士は7日午後、東京拘置所を訪れ、松本元死刑囚の遺体や遺灰の引き取りについての手続きが行ったとみられる。

一方、松本元死刑囚の妻や三女らほかの親族は、7日、連名で上川法相宛てに要求書を提出、特定の人を遺体の引き取り人に指定することはあり得ない、到底納得できないとして、妻に引き渡すよう求めている。

一方、同じく死刑が執行されたオウム真理教元幹部の遠藤誠一元死刑囚の遺体は、7日午後、遺体が安置されていた東京拘置所から運びだされ、オウム後継団体アレフの施設に入れられた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング