「1時間に80mm」大雨警戒 特別警報さらに拡大も

07/07 07:38
記録的な大雨による被害が、各地で相次いでいる。

今回の大雨で、高知・馬路村梁瀬では、7日午前0時10分までの72時間降水量は、1,179.5mmを観測した。

西日本と東日本では、7日は局地的に非常に激しい雨や、1時間に80mm以上の猛烈な雨の降るおそれがあり、気象庁によると、今後の雨の降り方によっては、ほかの地域にも特別警報を発表する可能性があるという。

土砂災害や川の増水、氾濫、低い土地の浸水に、最大級の警戒が必要となる。

また、JR西日本によると、山陽新幹線の新大阪 - 小倉間で、始発から運転を見合わせるなど、交通にも影響が出ている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング