奈良のシカに“矢”刺さる 鉛筆の芯に紙を巻く

06/14 06:35
奈良市の奈良公園で、国の天然記念物のシカの首に矢のようなものが刺さっているのが見つかり、警察が、文化財保護法違反の疑いで捜査している。

被害に遭った、シカの写真。
首に、矢のようなものが刺さっている。

奈良県によると、13日昼ごろ、「シカの首に矢が刺さっている」という内容の通報が相次ぎ、その後、春日大社参道の鹿苑付近で保護された。

奈良市民は、「かわいそう。それはあかんわ」、「大切にしてほしいし、優しく扱ってほしい」などと話した。

首には、鉛筆の芯に紙を巻いたものが刺さっていて、傷は軽いとみられる。

体調に目立った異常はなく、獣医が確認したうえで、シカは14日にも奈良公園に戻される予定。

「奈良のシカ」は、国の天然記念物で、警察は、文化財保護法違反の疑いで捜査している。 (関西テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング