「覚醒剤はネットで購入」 警察官、当初は否認

06/13 12:32
覚せい剤を使った疑いで逮捕された警視庁の警部は、当初、使用を否認していたことがわかった。

警視庁荏原警察署交通課長で警部の渡部康浩容疑者(50)は、5月下旬以降、覚せい剤を使用した疑いが持たれていて、13日朝、送検された。

渡部容疑者は逮捕前、警視庁の任意の調べに対し、覚せい剤の使用を否認していたが、尿の提出には応じ、尿から覚せい剤の成分が検出されていた。

渡部容疑者は、「覚せい剤をインターネットで購入した」と供述しているという。

警視庁は、渡部容疑者の供述の裏づけを進め、入手経路の解明を進めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング