日本政府内でも評価二分 日朝首脳会談目指す

06/13 12:00
米朝会談の成果については、日本政府内でも評価が分かれている。

政府内では、米朝会談を成功と評価する声がある一方で、「金正恩(キム・ジョンウン)委員長の交渉のほうがうまかった」と指摘する声もある。

菅官房長官は、「朝鮮半島の完全な非核化に向けた北朝鮮のコミットメントが確認された。北朝鮮は、1回で解決するような生易しい問題ではない」と述べた。

米朝の共同声明については、「完全な非核化への決意」が盛り込まれたが、体制保証など北朝鮮にとっての「成果」も盛り込まれていることから、政府関係者は「北朝鮮は相当うまくやった」、「両者にらみ合いの状態だ」と分析している。

また、非核化の具体的なプロセスが明記されなかったことには懸念の声が上がっている。

立憲・福山幹事長は、「またもや北朝鮮は、時間稼ぎをできるような状況になったのではないかと、非常に懸念している」と述べた。

一方、トランプ大統領が拉致問題を提起した際の金正恩氏の反応について、政府関係者は「金正恩氏は前向きに受け止めた」と語っていて、「対話の用意がある」という趣旨の反応をしたとみられる。

政府は今後、早期の日朝首脳会談の開催を目指し、水面下の調整を本格化させていく方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング