“死んだはずの夫が帰ってきた…” 警視庁が遺体取り違えて引き渡し

06/13 01:03
江戸川で見つかった男性の遺体を、警視庁が誤って、別の家族に引き渡していた。

2017年6月、東京・葛飾区の江戸川で男性の遺体が発見され、警視庁は、行方不明届が出ていた千葉・松戸市の40代男性の妻や親族に確認してもらい、遺体を引き渡した。

しかし、2018年5月になって、松戸市の妻から夫が自宅に帰ってきたと連絡があり、指紋を確認して、遺体は葛飾区の30代男性と判明した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング