“最高指導者”が米国トップと会談 北朝鮮の受け止めは?

06/12 12:06
史上初の米朝首脳会談が実現した。

北朝鮮との境界にある中国東北部、遼寧省の丹東。
後方にある川の対岸が、北朝鮮。
ここからは街の様子がうかがえるが、米朝首脳会談が始まったあとも、人や車のゆっくりとした往来が見られ、普段と変わらない日常を過ごしている。

北朝鮮労働者は、「(米朝首脳会談が行われるのは知っている? 歴史的な会談ですが?)そうですね」と話し、「何を期待する?」との質問には無言だった。

12日朝、米朝首脳会談の始まる直前に、出勤する北朝鮮の労働者へのインタビューを試みたが、ほとんど答えなかった。

こうした反応からは、外国にいるにもかかわらず、北朝鮮の一般の人々に対する管理体制の厳しさが感じられた。

一方、中国国内では、米朝首脳会談が始まると、主要メディアが一斉に速報を出している。
丹東では、北朝鮮にも親戚がいる朝鮮族の人が多いほか、北朝鮮と関係する商売をしている人も多く、こうした人たちは、首脳会談の行方について注目しているものとみられる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング