沖縄県はしか終息宣言へ 県内感染者99人

06/11 13:00
2018年3月から、沖縄県ではしかが流行していたが、5月以降、新たな感染者が確認されていないことから、11日にも終息宣言が出される見通し。

沖縄県では2018年3月、台湾からの観光客がはしかを発症して以降、5月までの2カ月間で、患者が99人にのぼった。

こうした中、最後にはしかの発症を確認した日から4週間、新たな患者が確認されていないことから、沖縄県は、11日午後にも終息宣言を出す方針。

県は、終息後も再び海外からウイルスが持ち込まれるおそれがあるとして、引き続き、ワクチンの接種を呼びかけている。 (沖縄テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング