8日NY株式市場 小幅ながらも3日続伸し3カ月ぶり高値

06/09 10:41
8日のニューヨーク株式市場は、小幅ながらも3日続伸し、3カ月ぶりの高値で取引を終えた。

8日の午前中は、G7サミット(主要7カ国首脳会議)を控える中、アメリカと主要国の鉄鋼や、アルミの輸入制限をめぐる貿易協議の行方に対する警戒感から売りが目立った。

その一方で、プロクター・アンド・ギャンブルなど、消費財銘柄が買われ、相場を押し上げた。

結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より、75ドル12セント高い、2万5,316ドル53セントで取引を終えた。

一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数も、10.44ポイント上げて、7,645.51だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング