大谷翔平、右肘じん帯損傷 初の故障者リスト入り

06/09 07:21
メジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、右肘靱帯(じんたい)の損傷で、10日間の故障者リスト入りした。

エンゼルス球団によると、大谷選手は、右肘の内側側副靭帯を損傷し、7日、自身から採取した血小板を使って組織を修復する、PRP注射などの治療を受けたという。

大谷選手の故障者リスト入りは初めてで、3週間後にあらためて診断し、今後の治療方針を決めるという。

大谷選手はこれまで、投手として9試合に先発して4勝1敗、打者としてはホームランを6本打ち、打率は2割8分9厘を記録している。

(写真: 時事通信)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング