珠生ちゃんの遺族がコメント「娘が戻ってくることは...」

05/17 06:18
新潟市で小学2年生の女児の遺体が線路上に遺棄された事件で、遺族から初めてコメントが出された。

この事件は、新潟市の会社員・小林 遼(はるか)容疑者(23)が、近所に住む小学2年生の大桃珠生ちゃん(7)の遺体を線路上に遺棄した疑いなどで、5月14日に逮捕されたもの。

16日、珠生ちゃんの家族が出したコメントには「大切な娘を思いがけない出来事で失い、悲しみの中におります。この状況を受け止めることは難しく、また犯人が捕まったとしても娘が戻ってくることはありません。1日も早く、地域の方々やわたしたち家族が穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです」とつづっている。

警察のその後の調べで、小林容疑者の車の中には、七輪と練炭が置いてあったことが、新たにわかった。

警察は、小林容疑者が事件後に自殺を図ろうとした可能性があるとみて調べている。 (新潟総合テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング