米海軍兵が麻薬密輸 カナダからの国際郵便で

05/15 00:45
神奈川・横須賀基地に配備された、アメリカ海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」の乗組員のアメリカ人の男が、合成麻薬を密輸した疑いで書類送検された。

「ロナルド・レーガン」の乗組員のアメリカ人の男(24)は2017年12月、カナダから国際郵便で2回にわたり、合成麻薬あわせて、およそ十数グラムを密輸した疑いで書類送検された。

横浜税関の検査で発覚し、調べに対して、乗組員の男は黙秘しているという。

男の自宅からは、麻薬などが押収されていて、警察は鑑定結果が判明次第で追送検する方針。

アメリカ軍は、男に対する警察の出頭要請に応じる方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング