20代男の逮捕状請求へ 女児殺害「関与」認める

05/14 18:05
新潟市で小学2年の女児が殺害され、線路上で遺体で見つかった事件で、事情を聴かれていた現場の近くに住む20代の男が、事件への関与を認める供述をしていることがわかった。

この男は、14日朝から、現場からおよそ4km離れた道の駅から任意同行を求められ、これまで事情聴取が続けられていた。

この男の指紋と、ランドセルや現場周辺の柵に残された指紋が一致したかどうかは、現時点ではわかっていないが、逮捕状請求へという流れになっている。

捜査本部が置かれている新潟西警察署。
報道陣の数が増えてきた。
あわただしく動いている。

事情を聴かれていた現場近くに住む20代の男が、事件への関与を認める供述をしていることがわかった。

この事件で、警察は14日午前から、寄せられた不審車両の情報などから浮上した現場の近くに住む20代の男を重要参考人として事情聴取している。

聴取は、午後5時50分現在も行われ、事件との関連について話を聴いているものとみられている。

現場の付近では、不審な人や車の情報が相次いでいるほか、線路上にあった大桃珠生ちゃんのランドセルには、家族以外の指紋が検出されていて、警察が、男との関連を調べている。

この事情を聴かれていた現場近くに住む20代の男が、事件への関与を認める供述をしていることがわかった。
逮捕状請求へという流れになっている。 (新潟総合テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング