高級酒盗みネットで売る 余罪数十件か

05/14 13:32
東京・新宿区歌舞伎町のホストクラブなどから、高級な酒ばかりを盗んでいた疑い。

建設作業員の石崎健太容疑者(28)は4月12日、新宿区歌舞伎町のホストクラブから、高級ブランデーやシャンパンなど13本、時価総額144万円余りを盗んだ疑いが持たれている。

石崎容疑者は、歌舞伎町周辺で、ホストクラブなどにあった高級な酒ばかりを狙って犯行を繰り返し、盗んだ酒をネットの販売サイトで売っていて、余罪は、数十件にのぼるとみられている。

警視庁の調べに対し、石崎容疑者は「給料が少なくて、遊ぶ金欲しさにやった」と容疑を認めているという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング