売春婦スキャンダルにも言及...FBI前長官が解任当時を暴露

04/16 06:23
アメリカのトランプ大統領に解任された、FBI(連邦捜査局)のコミー前長官が、解任後初めてのインタビューで、当時の出来事を暴露した。

コミー前長官は今週、暴露本を出版することになっており、それに先立つABCテレビ、ジョージ・ステファノポロス氏の単独インタビューで、トランプ大統領の売春婦とのスキャンダルなどについて話した。

一方、2016年の大統領選直前に、クリントン元国務長官のメール問題の再捜査を発表したのは、クリントン氏が選挙戦でリードする中で、「国民に隠してはならない」と考えたためとしている。

FBI・コミー前長官は、「クリントン氏が大統領になると思った。もしメール問題を米国民に隠したら、発覚した瞬間に不正な当選になる」と述べた。

これに対し、トランプ大統領はツイッターで、「クリントン氏に取り入ろうとしたゲス野郎だ」、「史上最悪の長官だ!」などとののしっている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング