屋上プレハブで違法賭博 歌舞伎町のビル

04/13 13:12
賭博が行われていたのは、ビルの屋上に設置されたプレハブ小屋だった。

カジノ賭博店「ペアペア」の経営者・坂本政彦容疑者(59)とパチスロ賭博店「ソーキソバ」の経営者・笈田 悟容疑者(45)は、12日、新宿区・歌舞伎町のビルで、バカラや違法なパチスロ機で客に賭博をさせた現行犯で警視庁に逮捕され、2人とも容疑を認めている。

2人の店は同じビルにあり、坂本容疑者は屋上に設置したプレハブ小屋にバカラ台を持ち込み、ビルの入り口には防犯カメラをつけ、警察の摘発を警戒していた。

警視庁は、売上金の流れなどを調べている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング