大分 大規模土砂崩れで1人死亡 依然5人不明

04/12 00:16
11日朝早く、大分・中津市の住宅の裏山が崩れ、1人が死亡、5人が安否不明となっている。
現場では、夜を徹しての捜索活動が行われている。

11日午後7時ごろ、現場では、ライトで山の斜面を照らしながら、懸命な捜索活動が続けられていた。

11日午前4時前、中津市耶馬溪町で、住宅の裏山が幅およそ200メートル、高さおよそ100メートルにわたって崩れた。

住宅4棟が巻き込まれ、会社員の岩下義則さん(45)が死亡した。
死因は圧死だった。

また依然として、江渕 めぐみさん(52)、娘の江渕 優さん(21)など、4世帯5人の安否がわかっておらず、現場では、陸上自衛隊による夜を徹しての捜索活動が続けられている。

また、現地調査をした国土交通省などが会見を開き、山の岩盤が風化して崩れたことが崩落の原因と考えられると発表した。 (テレビ大分)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング